mobile機で見てます?javascriptに対応しているブラウザで見てくださいね☆
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップ > 安全対策と諸費用INDEXページ > 教えて☆船の維持費のこと
教えて☆船の維持費のこと 〜 係留場所と係船料金 〜
船を購入後にかかる維持費や置いておく場所などについてですが、
インフレータブルボートFRPボートなどいわゆるスモールボートの場合は
折りたたんで部屋かガレージにでも置いておけばよいので基本的には
維持費用はかかりません。

一方、クルーザーヨットといった大型で船舶免許が必要なものについては、
船舶検査や保険、燃料代などのほかに、
マイボートをおいて置く港(マリーナ)と係船料金がかかります。


ここまで聞くとクルーザーはちょっと・・・と
逃げ腰になってしまう方もいるかもしれませんが、
考えてみたら、車と一緒です。車も保険に車検にガソリン代、そして駐車場と駐車料金が要りますよね?
船は車の駐車料金に比べると若干高いかもしれませんが、そのかわり、路上駐車料金やパーキング料金がありません。
海の上に車道はありませんから(笑)

◆マリーナ情報
有名なマリーナとしては、 東京夢の島マリーナ 浦安マリーナなどがあります。
そのほかにも、公共の係留私設、私設の係留場など地域や場所によって価格も装備も様々です。

◆係船料金
色んな雑誌やサイトを見てみると、現在は大体平均して
マリーナであれば年額60万円〜90万円くらいが相場のようです。
ただし、東京都が計画している年間30万円程度の係留施設や
その他私設の係留場では月額3万円くらいのものまであるそうです。

◆情報源はやはり雑誌
マリン情報や知識はやはり雑誌から得る方法が一番だと思います。
安価でしかも月刊誌などで常に最新の情報が得られます。
おすすめの雑誌についてはこちらのページで何冊か挙げていますので
どうぞご参考にしてください(^ー^)

◆レンタルボートという選択肢
費用の問題から、ボートを所有せずにレンタルするということも可能です。
有名なところでは、YAMAHAのレンタルボート「SEA STYLE(シースタイル)」などがあります。
仕組みとしては、入会費2万円くらいと会員費/月額3千円程度を払っていれば、
自分の乗りたい時だけ全国の提携マリーナにてボートをレンタルして乗れます。(詳細はこちらへどうぞ♪)

◆維持費がかからなくても
インフレータブルボート、FRPボートなど
維持費がかからないボートについても、
普段のメンテナンスやオプション機器、また
もしもの事故の時に備えた安全対策などは必ずチェックしておきましょう(^ー^)


もしもの時の安全対策 | クルマとボートの相性ページ |
 
楽天市場のスポーツ・アウトドア ランキング


Amazonのスポーツ&アウトドア ランキング

風と光のイラストレーター鈴木英人さんの絵
鈴木英人鈴木英人 果てしなき きみの旅
無料で直筆サインもお願いできる貴重なお店
マリン雑誌と言えば舵社のワクワク本
ゼロから始める小型ボート小型ボートのエンジン大百科
◆定期購読できる舵社の雑誌はこちら☆
一番カッコいい!と思うボートに乗ろう☆
スモールボート エンジン付
【カッコいいボートの一覧はこちら】
アウトドア専門店ナチュラムのランキング☆

お買い得バーゲンセールはこちら☆
バーゲン
最高アウトドアブランドコールマン特集☆
バカンスのお供に連れていって♪

Amazonのアウトドア・バーゲン
新品・中古釣具のリバース
新品・中古釣具

トップ > 安全対策と諸費用INDEXページ > 教えて☆船の維持費のこと
△このページのTOPへ戻る


リンク    FAQ    ご意見・要望・ご感想    このページのTOPへ  

[PR] | マリンスポーツ全般のランキング | 光と風のイラストレーター鈴木英人の海と船の絵 | 舵社の雑誌 | 釣具のリバース | ゼロから始める小型ボート | 免許不要!2馬力ボートのすべて |


Copyright © 2008- 789jun 1LoveBoat All rights reserved.